ブログ

私たちがダクトを配管する際に、意識していること

  • 2019.07.20

弊社が業務としております配管ダクトの据付けですが、ダクトを据付ける際に私たちが意識していることがございます。今回は、この点についてお伝えすることによって、皆様に少しでも弊社の業務についてご理解頂けますと幸いです。

(1)おかしな曲がり方になっていないかの念入りチェック

(2)配管ダクトを事前の確認し、合わないサイズ・形のものを無理に結合させない

(3)中に水が溜まることがあるので、適度に水を排出することができる角度をつけておく

(4)形がきれいになるように、あまり極端に変形させないようにする

(5)事故防止のため、排気口から少し離れたところで、ダクトの変形作業を行う

皆様は普段配管ダクトがどのように配置されているかという点でご覧になったことがございますでしょうか。もちろん、ダクト管はそれ自体として機能しますが、それだけでなく見た目の美しさも損なわれないようにバランスも配慮されているのです。

エンプラ、ゴム、合成樹脂、嫌気好気ろ床法用ろ材のことなら株式会社TRCトモエコーポレーションにお任せください。弊社の本社は静岡にありますが、他にも九州・福岡、石川にも工場がございます。


  • お問い合わせはこちら

pagetop