ブログ

配管ダクトの材質の特長について

  • 2019.06.20

弊社が業務としております配管ダクトの特長について簡単にご紹介させて頂きたいと思います。制作する配管ダクトによって、以下のような特長が見られます。

(1)ステンレス鋼板

ステンレス製の強みとしては、錆びが生じにくいという点を挙げることができます。したがって、通常錆びが起こりやすい屋外などで使用されることになります。

(2)塩ビコーディング鋼板

アルカリ性・酸性・薬品性などに強く、プール・薬品工場などで使用されます。

(3)亜鉛メッキ鋼板

実際に、一番使用されることが多い材質がこちらです。一般的に見かけることのあるダストはほぼこちらであるとお考え下さい。

(4)ガルバニウム鋼板

こちらのガルバニウム鋼板は、最近コスパが良いということで、人気が高まってきています。耐熱性に優れており、お値段も格安で手に入れることができます。

このように、使用されるシチュエーションに応じて、配管ダクトが使用されているということをご理解頂けましたでしょうか。

エンプラ、ゴム、合成樹脂、嫌気好気ろ床法用ろ材のことなら株式会社TRCトモエコーポレーションにお任せください。弊社の本社は静岡にありますが、他にも九州・福岡、石川にも工場がございます。


  • お問い合わせはこちら

pagetop