ブログ

配管ダクトなどで使用するダクトの種類は?

  • 2019.05.20

ダクトには種類が豊富にありますが、形状では「角ダクト」と「丸ダクト」の2種類をメインとしています。

名前の通り「角ダクト」は角がある形状のもので、直管のものだけではなく、角の部分にも設置できるL字型タイプのエルボというものもあります。このエルボというL字型タイプのダクトは、調理を行う調理場で使用されることが多く、調理中の換気を行うために必要不可欠なダクトです。

角ダクトは、四角という形状から排気する性能がとても高いとも言われています。

一方「丸ダクト」は、丸い筒型の形状をしているダクトのことを言い、直管タイプのものの標準サイズは、4mを定尺としています。丸ダクトは角ダクトとは違い、ダクトの色や丸ダクト同士を連結するためのニップルの種類も豊富なので、様々な用途に使用されます。

ダクトの種類や形状、長さなどは設置する場所に合わせて選ぶのはもちろんですが、用途によっても使い分けることで最適なダクト選びが可能となります。ダクトは様々な施設の換気などに欠かすことのできないものなので、快適にそして安全に過ごすことのできる空間を作るためにも、場所と用途にマッチしたダクト選びをすることが重要となりますので、専門業者の設計・施工が必要不可欠です。

 

 


  • お問い合わせはこちら

pagetop