ブログ

配管ダクトはメンテナンスしやすい据付けが求められる

  • 2021.06.18

配管ダクトは、空気調和設備(空調設備)、換気設備、排煙設備など、汚れた空気を外部に誘導するシステムのことをいいます。

建設現場や工事現場では、チェーン店などが厳密に定めて行う店舗規格以外では、建設条件や工事条件が全く同じ現場というのはほぼありません。

各種設備の配管を設置する工事1つにとっても同じことがいえます。

例えば、設置する際の配管ダクトの長さ、配管を曲げる場所や角度、合流させる場所、配管の太さ、気流の流れなども、現場に合わせた設計や制作、据付を行う必要があります。

現場に合わせた配管ダクトを考えて制作・据付を行うことで、より効率的で違和感のない美しい仕上がりにつながるのです。

ダクトの制作や据付は、設置して終わりではありません。

設計する際には、今後必要となるメンテナンス作業のしやすさを考えて制作し、据付を行うことがお客様や業者さんの高い満足度につながります。

TRCトモエコーポレーションは、静岡県を中心として、九州・福岡にも支店を拠点として、プラスチックやゴムなどの樹脂製品の加工・販売、搬送機械、産業用機械の設計や製作、販売据付、メンテナンスまで、幅広く業務を行なっております。

ダクトの制作や据付のことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから


  • お問い合わせはこちら

pagetop