ブログ

配管ダクトは建物の空調や排気をになう重要な設備。

  • 2021.01.20

 

配管ダクトというと、どんなイメージをお持ちですか。

太いパイプのようなダクトが、建物の地下や壁の中や外に張り巡らされているイメージをお持ちの方のいるのではないでしょうか。

建物を建設し長期間管理していくうえで、配管ダクトはなくてはならない存在です。

空調の排気処理や汚水の排水処理など色々な用途に配管ダクトは使用されています。

 

そんな配管ダクトの工事を行う際に、重要になってくるのがダクト設計です。

建物の使用目的や、設置場所の配管レイアウトを考え、効率的に排気や排水処理を行うための適切な設計が必要になります。

適切な設計を行うことで年数が経過し、修理などを行う際もスムーズに作業に入ることができます。

使用するダクトの種類や素材も建物の目的に合わせて選ぶ必要もあり、専門的な知識が求められます。

 

静岡県の株式会社TRCトモエコーポレーションでは、産業機械や水処理設備(配管ダクト、制作・据付)を行っており、配管工事等、幅広く対応可能です。

また、ゴムなどの樹脂製品やプラスチックの加工や販売や配管ダクト、嫌気好気ろ床法用ろ材、ろ材ユニットの取り扱いもございます。

静岡県内だけでなく九州の福岡にも工場がございますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら


  • お問い合わせはこちら

pagetop